【騙されるな】動画編集の副業が稼げないはウソ!稼げる理由やコツを解説

「動画編集の副業は稼げないって本当?」

動画編集の副業を始めたいと考えているものの、本当に稼げるのか不安に悩む人も多いはず。
結論から言うと、動画編集の副業はまだまだ稼げる上にスキルも身につく素晴らしい仕事です。

今回の記事では「動画編集の副業は稼げない」がウソな理由や、安定した収入を得るためのコツについて解説します。これから動画編集の副業を始めてみたいと考えている場合は、ぜひチェックしてみてください。

Brain公式メディア読者限定特典
Brain代表 迫佑樹無料LINEマガジンへの登録で、豪華特典をプレゼント
  • 有料講演会で話した内容を限定公開

    →経済的自立を果たす10のステップ

    →時給10円から年商10億円に至る道のり

    →最短で0→1を立ち上げる起業術

    →お金持ちになる5つのルール

    (合計2時間28分49秒)

  • すぐに実行できる即金マニュアル (PDF24ページ)
  • 有益なコラムが完全無料で閲覧し放題
公式LINEに登録して、今すぐゲットしてみてください!

「動画編集の副業は稼げない」がウソな3つの理由

「動画編集の副業は稼げない」がウソな理由として、以下の3つが挙げられます。

  1. 圧倒的に動画編集者が不足している
  2. スキルを身につければ高単価案件が狙える
  3. 動画編集の需要・将来性は今後も高まる

動画編集の副業は稼げないのではないかと悩んでいる場合は、ぜひ参考にしてみてください。

1. 圧倒的に動画編集者が不足している

動画編集の市場は圧倒的に人材が不足しているので、まだまだ稼げます。インフルエンサーや企業がプロモーションに動画を使う機会が増え、案件が増加していることに比べて人手が足りていないのが理由です。

今後も動画はますます需要が増えるので、今のうちに副業で動画編集を始める意味は大きいと言えます。AIに取って代わられることも考えづらいので、狙い目の市場です。

2. スキルを身につければ高単価案件が狙える

動画編集のスキルを身につければ、高単価の案件を受注できる可能性が高まります。基本的なカット編集やテロップ挿入、BGM・効果音の挿入、色調整などの技術をしっかり身につければ幅広い案件に対応できるようになります。

スキルアップを重ねることで、1本あたりの報酬単価を1万円以上に引き上げることも可能です。副業でも高いスキルがあれば、高単価案件を狙える可能は十分にあります。

3. 動画編集の需要・将来性は今後も高まる

動画編集の需要は、今後ますます高まっていくと予想されています。サイバーエージェントの調査によると、2026年には1兆2,451億円まで拡大すると推定されています。

2023年の動画広告市場規模が7,209億円であることを考えると、その市場規模の大きさが理解できるでしょう。将来性の高い動画編集の分野で副業をスタートさせることで、長期的に安定した収入を得られる可能性が高まります。

【5ステップ】副業動画編集者で月10万稼ぐロードマップ

副業動画編集者で月10万稼ぐロードマップとして、以下の5ステップで進めるのがおすすめです。

  1. 動画編集に必要なパソコンやソフトを購入する
  2. 教材・スクールで学習する
  3. ポートフォリオを作成する
  4. 実際に営業する
  5. 案件をこなしていく

再現性の高いステップなので、ぜひ参考にしてみてください。

1. 動画編集に必要なパソコンやソフトを購入する

動画編集の副業を始めるには、まずパソコンを用意する必要があります。動画編集は通常の作業よりも重い処理を行うため、最低でもメモリが8~16GBのパソコンが不可欠です。

また、Adobe Premiere Proなどの本格的なソフトも使用頻度が高いので揃えておく必要があります。機材やソフトへの投資が必要となるので、予算を確保しておきましょう。

2. 教材・スクールで学習する

動画編集のスキルを身につけるには、独学だけでは限界があります。少しでも早く稼げるようになるためには、教材やオンラインスクールを活用するのが近道なのでおすすめです。

初心者が独学で動画編集に挑もうとしても、挫折することがほとんど。プロの成功例を学んで最速最短で収入を得られるようにしましょう。

動画編集のプロの詳しい話は「【未経験OK】動画編集の案件を獲得する5ステップ!800人をコンサルしたあおさんがポイントを伝授」の記事で読めます。これから動画編集の副業を始めたいと考えている人にとって、おすすめの内容なのでぜひ参考にしてみてください。

【未経験OK】動画編集の案件を獲得する5ステップ!800人をコンサルしたあおさんがポイントを伝授

3. ポートフォリオを作成する

動画編集の案件を受注するには、クライアントに自分の実力を示すポートフォリオが不可欠です。学習で身につけたスキルを活かし、オリジナルの動画作品を制作しましょう。

企業のプロモーション動画や、YouTubeチャンネルの動画編集など、様々なジャンルの作品を揃えるとアピールしやすくなります。ポートフォリオの質が案件獲得の成功率を大きく左右するので、しっかりと作りこみましょう。

4. 実際に営業する

ポートフォリオが完成したら、営業活動を開始します。クラウドソーシングサイトで案件に応募したり、SNSで宣伝したりして、仕事を獲得しましょう。

提案文では、過去の実績や使用ソフト、稼働時間など、自分の強みを具体的にアピールします。提案文で採用されるかどうかが決まることも多いので、ポートフォリオと同様に作りこむことが大切です。

5. 案件をこなしていく

案件を受注できたら、期日までにクライアントの求める高品質な動画を納品します。依頼内容を正確に理解し、クライアントの期待以上の作品を提供できるよう、細部までこだわって制作に取り組みましょう。

修正依頼にも真摯に対応し、クライアントとのコミュニケーションを大切にすることで継続的な受注につながります。1つ1つのクライアントの仕事を丁寧に進めて、継続案件を増やしていきましょう。

副業動画編集者がさらに稼げるようになる3つのコツ

副業動画編集者がさらに稼げるようになる3つのコツとして、以下を押さえておきましょう。

  1. 成果物のクオリティを高める
  2. ディレクターになって仕組み化する
  3. マーケティングスキルも身につける

いずれも重要なポイントなので、詳しく解説します。

1. 成果物のクオリティを高める

副業動画編集者が稼げるようになるには、まず成果物のクオリティを高めることが重要です。クライアントの期待を上回る高品質な動画を提供することで、リピートや紹介案件の獲得につながります。

また、新規案件獲得や継続受注には編集技術の向上はもちろん、クライアントのニーズを的確に捉えるコミュニケーション力が求められます。オンラインミーティングやチャットで、相手の要望を細かく掘り出すように心がけましょう。

2. ディレクターになって仕組み化する

副業動画編集者の収入を増やすには、ディレクターとしての役割を担い、制作工程を仕組み化することがおすすめです。プロジェクト全体の管理や進行にシフトすることで、手を動かす時間を減らした上で稼げるようになります。

ある程度編集案件に慣れてきたら、積極的にディレクター化を進めていくとより早く稼げます。編集以外の業務も引き受けられるよう、ディレクション能力を磨きましょう。

3. マーケティングスキルも身につける

副業動画編集者が稼げるようになるには編集スキルだけでなく、マーケティングスキルも身につけることが重要です。動画の目的や狙いを理解し、視聴者の心を動かす内容や演出方法を学ぶ必要があります。

また、LINE構築などのスキルも身につけておくと、クライアントへの提案内容の幅が出ます。編集スキルとマーケティングスキルを兼ね備えた動画編集者は、高い付加価値を提供でき、さらに高収入を得られるでしょう。

稼げない副業動画編集者がやってしまいがちな3つの行動

稼げない副業動画編集者がやってしまいがちな行動として、以下の3つが主に挙げられます。

  1. 独学で始めようとしてしまう
  2. 動画編集スキルだけ伸ばそうとしてしまう
  3. 目先の利益だけ追い求めてしまう

1つでも当てはまってしまうとアウトなので、これらに当てはまらないようにしましょう。

1. 独学で始めようとしてしまう

稼げない副業動画編集者は独学で始めようとしてしまい、挫折してしまうケースが多く存在します。確かに、独学でも基本的な編集スキルは身につきますが、効率良く学習できないことがほとんどです。

体系的なカリキュラムや実践的な演習課題に取り組めるスクールを活用することで、短期間で実務レベルのスキルを習得できます。また、独学では気づきにくい悪癖や非効率な作業方法を改善できる点も、スクールの大きなメリットです。

以下のリンクでは、全国41都市に動画編集スクールを展開する青笹さんのコンサルサービスについて紹介しています。数多くの動画編集者が案件獲得に成功し、すぐに稼げるようになった講座なのでぜひチェックしてみてください。

2. 動画編集スキルだけ伸ばそうとしてしまう

稼げない副業動画編集者は、動画編集スキルの向上だけに注力してしまう傾向があります。もちろん、編集技術は重要ですが、それだけでは十分とは言えません。

本気で収入を伸ばしたいのであれば、クライアントとのコミュニケーション能力や、マーケティングの知識も身につける必要があります。動画編集だけで稼ごうとすると、収入の限界が来てしまうのである程度編集に慣れたら、どんどん次のスキルを学んでいきましょう。

3. 目先の利益だけ追い求めてしまう

稼げない副業動画編集者は、目先の利益だけを追い求めてしまいがちです。単発の案件を数多くこなすことで、一時的な収入は得られるかもしれません。

しかし、長期的な視点に立ってクライアントに尽くしていく方が安定して稼げるようになります。クライアントとの信頼関係を築き、常に高品質な成果物を提供し続け、単価アップや案件の依頼を任せてもらえるように努力しましょう。

副業動画編集者を始める際によくある質問3選

副業動画編集者を始める際によくある質問として、以下の3つをまとめました。

  1. 独学とスクールどっちがいいの?
  2. 副業動画編集者は月収どれくらい稼げるの?
  3. 副業動画編集者はしんどいって本当?

いずれも初心者が悩みやすいポイントなので、必ず見ておきましょう。

1. 独学とスクールどっちがいいの?

副業で動画編集を始める際、独学とスクールのどちらを選ぶべきか迷う人もいるでしょう。独学とスクールには両方メリット・デメリットがあるので、違いを理解しておく必要があります。

独学のメリットは、自分のペースで学習を進められる点です。しかし、独学では体系的なカリキュラムがないため、挫折するリスクが大幅に高まります。

一方、スクールでは費用はかかりますが、体系的かつ実践的な演習課題に取り組めるため、短期間で実務レベルのスキルを習得できます。また、プロの講師からの直接指導やフィードバックを受けられるのも大きなメリットです。

今すぐにでも稼ぎ始めたいのであれば独学ではなく、教材やスクールを活用してスタートを切りましょう。

2. 副業動画編集者は月収どれくらい稼げるの?

副業動画編集者の月収は、スキルレベルや案件の単価によって大きく異なります。初心者の場合、1本あたりの単価は5,000~7,000円程度が相場で、月に10本の案件をこなせば、月収5~7万円を達成できます。

一方、中級者以上のスキルがあれば、1本あたり1~2万円以上の高単価案件も狙えるでしょう。月に10本の高単価案件をこなせば、月収10~20万円以上の収入を得られます。スキルアップを重ねながら、徐々に単価の高い案件を受注していくことが安定した高収入を得るコツです。

3. 副業動画編集者はしんどいって本当?

動画編集者の仕事は、締め切りに追われてしんどいと感じることもあるでしょう。特に初心者の場合、思うように編集作業が進まず、長時間の作業を強いられることもあります。

しかし、スキルが向上すれば、編集のスピードアップや効率化が可能になります。倍近くの編集速度になれば、単純計算で2倍稼げることになるのです。

最初のうちはしんどいと感じることが多いかもしれませんが、中級者以上になればそれ以上のメリットが享受できるでしょう。

【添削つき】10日間で未経験から案件獲得に導く「アオの案件獲得スクール」

アオの案件獲得スクール」では、現役で動画マーケターとして活躍するあおさんが、完全未経験からわずか10日間で案件を獲得するノウハウを提供しています。

案件獲得スクールのポイント
  • すでに800人以上が初案件を獲得
  • 受講生ひとりひとりに徹底的な添削つき
  • 3.6万円(相場の10分の1)でコンサルが受けられる
  • 動画編集エフェクト・営業文テンプレートの配布
  • 案件獲得後も期間無制限で質問サポート

今後動画編集者として活躍していきたい方は、ぜひ受講を検討してみてください!

▼無料のインタビュー記事はこちら▼

>>【未経験OK】動画編集の案件を獲得する5ステップ!800人をコンサルしたあおさんがポイントを伝授

Brain公式メディア読者限定特典
Brain代表 迫佑樹無料LINEマガジンへの登録で、豪華特典をプレゼント
  • 有料講演会で話した内容を限定公開

    →経済的自立を果たす10のステップ

    →時給10円から年商10億円に至る道のり

    →最短で0→1を立ち上げる起業術

    →お金持ちになる5つのルール

    (合計2時間28分49秒)

  • すぐに実行できる即金マニュアル (PDF24ページ)
  • 有益なコラムが完全無料で閲覧し放題
公式LINEに登録して、今すぐゲットしてみてください!