コンテンツ販売で儲かるコツ5選!コンテンツの作り方やネタ作りの方法も紹介

「コンテンツ販売って儲かるの?」
「コンテンツ販売ってどうやってやるの?」
「コンテンツ販売ってどこで売るの?」

コンテンツ販売に興味を持っている方は、このように考えているのではないでしょうか。

コンテンツ販売を始める場合、儲かる方法や作り方を把握しておくと、よりスムーズにスタートできます。

そこで今回の記事では、コンテンツ販売で儲かるコツ、作り方を徹底解説します。

記事の後半ではコンテンツ販売で稼げないパターンについても解説しているので、あわせて参考にしてください。

「コンテンツ販売で確実に稼ぎたい」「コンテンツ販売で失敗したくない」と考えている方にとって、必見の内容です。

コンテンツ販売で儲かるコツ5選

コンテンツ販売で儲けるためには、以下のコツを把握しておく必要があります。

  1. 需要があるジャンルを選ぶ
  2. セールスライティングを習得する
  3. Webマーケティングを学ぶ
  4. SNSで継続的に発信する
  5. 無料コンテンツの質にこだわる

いずれも重要なポイントなので、ひとつつずつチェックしていきましょう。

1.需要があるジャンルを選ぶ

コンテンツ販売を始める場合「興味がある」「経験がある」という理由だけでジャンルを選んではいけません。

需要がないジャンルを選んでしまうと、そもそもコンテンツが売れないので儲からないまま終わってしまいます。

コンテンツ販売で需要があるジャンルの代表例としては、以下の5つが挙げられるでしょう。

  • SNSマーケティング
  • Web制作
  • YouTube副業
  • セールスライティング
  • 資産運用

需要があるジャンルの中から興味があるもの、自分でもできそうだと感じたものを選んでビジネスをスタートしましょう。

2. セールスライティングを習得する

どのようなコンテンツ販売を実施する場合でも、セールスライティングは必須のテクニックといえるでしょう。

セールスライティングをマスターすることで、見込み顧客の関心を惹きつけられる上に成約率もアップします。

セールスライティングの知識の有無で売上が大きく変わってくるので、知っておかないと損です。

どのジャンルやテーマでも通用するセールスライティングについて学びたいという方は、以下の記事をご覧ください。

▼コンテンツ販売のコツ▼

【裏側を暴露】コンテンツ販売数を増やすマーケティングのコツ!2ヶ月で600万円売ったライターが徹底解説

>>【裏側を暴露】コンテンツ販売数を増やすマーケティングのコツ!2ヶ月で600万円売ったライターが徹底解説

3. Webマーケティングを学ぶ

コンテンツ販売で自分の商品をより売れるようにするには、Webマーケティングの知識が必須です。

特に以下の知識がないと、売上を伸ばすのが難しくなってしまうでしょう。

  1. ターゲット分析
  2. 広告運用
  3. SEO
  4. SNS運用
  5. セールスライティング
  6. アクセス解析

知識を持たないままコンテンツ販売を始めると、見込み顧客を取り逃しやすくなる上に、ライバルとも差を付けられません。

少しでも有利な状態でコンテンツ販売を続けるためにも、Webマーケティングの知識を必ず身に付けておきましょう。

4. SNSで継続的に発信する

認知度が低い段階でコンテンツをいきなり販売したとしても、だれも見向きもしてくれません。

そこで、多くのユーザー層に自分の存在をしてもらうためにもSNSで継続的に発信をしましょう。

情報発信を行う場合は、拡散性の高いTwitterを活用すると認知度が広まりやすくなります。

例えば、YouTube副業に関するコンテンツ販売を開始するのであれば、YouTubeにおけるお役立ち情報をTwitterで発信するのがおすすめです。

「クリックされやすいサムネイル」「動画編集のコツ」など、見込み顧客が必要としている情報を発信します。

お役立ち情報を継続的に発信することで、まずは自分のファンづくりを行いましょう。

5. 無料コンテンツの質にこだわる

コンテンツ販売で確実に稼ぎたいのであれば、無料で出すコンテンツの質にこだわりましょう。

無料コンテンツの質が高いと、SNSで拡散されやすくなり多くのユーザー層に宣伝できます。

その後ファンになり、自分の商品への関心度を高めることが可能です。

例えばSNSマーケティングのコンテンツ販売を実施する場合は、以下のような無料コンテンツを出すのがおすすめです。

  • 自分の成功事例を落とし込んだ無料セミナー動画
  • フォロワーを増やせる投稿テンプレート
  • SNSでバズるキャッチコピーを載せたシート

ターゲットが思わず欲しくなるような無料コンテンツを出し、まずはファンを集めることを意識しましょう。

コンテンツの作り方を4ステップで解説

コンテンツを作る際は以下の4つのステップで始めましょう。

  1. テーマを選ぶ
  2. 市場や競合の調査をする
  3. コンテンツの制作方針を決める
  4. コンテンツの制作を開始する

ここからはそれぞれのステップごとに解説します。

1. テーマを選ぶ

コンテンツビジネスを始める場合、まずはテーマを選びましょう。

Brain」「note」などの販売プラットフォームを確認して、どのようなジャンルに需要があるのか知っておくことが大切です。

需要のないジャンルで販売を行っても、集客ができず売上につながりません。

需要のあるジャンルをまずはリサーチして、自分が始められそうなテーマでコンテンツ販売をスタートしましょう。

2. 市場や競合の調査をする

より売れる仕組みづくりやライバルとの差別化を図るために、市場や競合の調査をしましょう。

自分が挑むジャンルでは「どのようなコンテンツが出ているのか」「どのようなライバルがいるのか」といったポイントを確認することが大切です。

市場や競合の調査が不十分だと、ユーザーのニーズを理解できない上にコンテンツに独自性が出せません。

リサーチ量がコンテンツ販売の成功率に大きく影響を及ぼすので、徹底した上で戦略を立てましょう。

3. コンテンツの制作方針を決める

ジャンルの選定、リサーチを終えた後はコンテンツの制作方針を決めましょう

自分に合わないコンテンツの制作方針を選ぶと、途中で挫折しやすくなるので注意が必要です。

そこで、コンテンツの制作方針を考える場合は、自分で全て制作するのか、外注するのか決めておく必要があります。

  • クオリティを徹底的にこだわりたいという場合は、自分で制作する
  • 時間に余裕がなく、他のビジネスも展開したい場合は外注する

このように自分の状況に応じて制作方針を決めましょう。

4. コンテンツの制作を開始する

コンテンツの制作方針が決まったのであれば、本格的に作成を始めましょう。

コンテンツ制作を行う場合は、テキストか動画が一般的です。

自分が伝えやすいと思ったやり方でコンテンツを作りましょう。

その後、コンテンツが完成したのであればプラットフォームで販売を開始します。

コンテンツ販売を行うのであれば、以下のプラットフォームがおすすめです。

いずれも初心者の方にとって使いやすいプラットフォームなので、ストレスなく販売を開始できます。

コンテンツ販売におけるネタ作りの方法3選

コンテンツ販売におけるネタを探す場合は、以下の3つの方法で情報収集をしましょう。

  1. リサーチを徹底する
  2. 競合コンテンツで不足している部分を見つける
  3. 勉強、思考するクセを普段からつける

それぞれの方法を理解しておくことで、ネタ切れせずにコンテンツ制作を続けることが可能です。

1. リサーチを徹底する

コンテンツのネタ作りの基本はリサーチです。

リサーチを徹底することで、コンテンツ制作に必要な情報を揃えられます。

そこでリサーチを行う場合は、以下の手法を活用しましょう。

  • Google検索
  • SNS
  • Yahoo!知恵袋
  • Quora

このように情報をリサーチする手法は多く存在しています。

1つの手法だけで情報が得られない場合は、他のやり方もあわせてリサーチを進めていきましょう。

2. 競合コンテンツで不足している部分を見つける

自分が作っているコンテンツの質をさらに向上させたいのであれば、競合コンテンツを十分にリサーチすることが大切です。

競合コンテンツに足りていない部分を見つけることで、ライバルとの差別化につながります。

競合コンテンツのリサーチが足りていないと、他のコンテンツと似たような内容になり、独自性を獲得できません。

より自分のコンテンツの質を高めるためにも、競合リサーチを徹底して行いましょう。

3. 勉強、思考するクセを普段からつける

そのため、コンテンツ販売を成功させるためには勉強、思考するクセを普段からつけることが大切です。

勉強、思考するクセを付けることでコンテンツ販売におけるアイデアが生まれやすくなる上に、知識がより広がります。

ただ、本業で忙しい方は勉強時間を確保するのが難しい場合があるでしょう。

そこで、以下の隙間時間を活用して勉強や思考を行うのがおすすめです。

  • 通勤・退勤の移動時間
  • 電車やバスでの隙間時間
  • 本業での休憩時間
  • 外回りの休憩時間

限られた時間を有効に活用して、コンテンツ販売で売れるアイデアを考えていきましょう。

【やめとけ】コンテンツ販売で稼げないパターン4選

コンテンツ販売で以下のパターンに当てはまってしまうと、稼げなくなってしまいます。

  1. 十分な調査をしない
  2. 適当にテーマを選んでしまう
  3. 自己投資をしていない
  4. 成功者から学んでいない

それぞれの注意点について詳しく解説します。

1. 十分な調査をしない

リサーチが不足していると、独自性が出ない上にユーザーのニーズを満たせるコンテンツを作れません。

結果的に質の低いコンテンツに仕上がるので、稼げなくなってしまいます。

コンテンツ販売を成功させるためには売り方や見せ方も大切ですが、なによりも質が大切です。

口コミの拡散や評価にも関わってくる部分なので、まずはしっかりとリサーチをした上で良質なコンテンツの制作を心がけましょう。

2. 適当にテーマを選んでしまう

コンテンツ販売を行う上で初心者がやってしまいがちな行動として、適当にテーマを選んでしまうことが挙げられます。

コンテンツ制作において自分の経験を落とし込むことは大切ですが、需要のないテーマだとそもそも集客ができません。

「どのようなテーマに人気があるのか」「ライバルと差別化が図れるのか」という点を意識してコンテンツ販売を始めましょう。

3. 自己投資をしていない

コンテンツ販売を成功させるためには、何よりも知識量が大切。

知識量が多ければコンテンツの質の向上はもちろん、売り方なども工夫しやすくなるのです。

自己投資を惜しんで、無料で得られる情報だけで学ぼうとすると限界があります。

そこで、自分にとって必要だと感じたコンテンツやスクールがあれば、積極的に購入しましょう。

有料の情報であれば、ライバルが知らないような部分まで学べるので、より有利な形でコンテンツ販売を続けられます。

4. 成功者から学んでいない

コンテンツ販売で一番失敗しやすいパターンとして、自己流で突き進んでしまうことが挙げられます。

自己流で突き進んでしまうと、間違っているやり方を選んでいる可能性があるので注意が必要です。

間違っているやり方でコンテンツ販売を続けていると、成果が出ないので外注費や時間を無駄にしてしまいます。

そこで、コンテンツ販売を確実に成功させたいのであれば、成功者から学びましょう。

既に成功している方法なので、コンテンツ販売で失敗するリスクを抑えられます。

また、自己流で突き進むよりも圧倒的に早く成果を出せるでしょう。

有益性を製造するマーケティングやライティングのノウハウ

めありさんが執筆した「有益性製造の技術・めあり式〜集客率・成約率・教育を一撃でバグらせる一冊」では、コンテンツ作成を実際に実践できるようになるまでの流れを紹介しています。

Brainの内容(一部抜粋)
  • 顧客の脳を震えさせる3つの満足
  • 有益性を感じさせる価値付けの技術
  • 21の満足を引き出す【めあり式】有益トリガーチェックシート
  • めあり式コンテンツ制作フローチャートSIX
  • 5個以上の購入特典

これからコンテンツ作りにチャレンジしたい方や、読者を引き付けるライティング技術を身につけたい方には、必見の内容です!

▼無料インタビューはこちら▼

>>【裏側を暴露】コンテンツ販売数を増やすマーケティングのコツ!2ヶ月で600万円売ったライターが徹底解説

Brain公式メディア読者限定特典

Brainの社長である迫 佑樹さん無料LINEマガジンへの登録で、豪華特典をプレゼント

  • 有料講演会で話した内容を限定公開
    →経済的自立を果たす10のステップ
    →時給10円から年商10億円に至る道のり
    →最短で0→1を立ち上げる起業術
    →お金持ちになる5つのルール
    (合計2時間28分49秒)
  • すぐに実行できる即金マニュアル
    (PDF24ページ)
  • 有益なコラムが完全無料で閲覧し放題

公式LINEに登録して、今すぐゲットしてみてください!