【3ヶ月で60万円も】カブトムシの販売は儲かる?売上が伸びる種類や注意点、流れを徹底解説

「カブトムシの販売って儲かるの?」
「どのカブトムシが儲かるの?」
「どうやったら儲かるの?」
などと考えていませんか?

カブトムシ販売は仕組み化できる上に、Webマーケティングの知識があるライバルも少ないので、まだまだ稼げるビジネスです。

ビジネスを始める前にWebマーケティング知識を得て上手く仕組み化すれば、1日たった5分の作業で月収60万円を目指せます。

そこで今回の記事では、カブトムシの販売で儲かるやり方について徹底解説します。

販売して儲かるカブトムシの種類、儲ける際の注意点についても解説しているのであわせて参考にしてください。

「手間をかけずに儲けられる副業を始めたい」「カブトムシの販売ビジネスで失敗したくない」と考えている方にとって、必見の内容です。

カブトムシ販売が儲かる3つの理由

カブトムシ販売で儲かる理由として、以下の3つが挙げられます。

  1. 自動化することで高い収入を得られるから
  2. ライバルがあまりいないから
  3. 横展開に繋がるから

ここからはそれぞれの理由について解説するので、カブトムシ販売を始める場合は必ずチェックしましょう。

1. 自動化することで高い収入を得られるから

カブトムシの育成は初心者がやろうとすると難しいので、基本的には外注して仕組み化するのがおすすめです。

温度管理はもちろん、定期的に様子をチェックする必要があるので、本業で忙しいという方にとって負担になります。

もし、外注の方法を理解した場合、1日たった5分の作業でビジネスを続けられます。

完全に外注化に成功すると、仕入先に連絡して発送の手続きさせるだけの作業になるので、本業で忙しい方でも問題ありません。

カブトムシ販売で手軽に儲けたいと考えているのであれば、仕組み化の方法を必ず理解しておきましょう。

2. ライバルがあまりいないから

「Amazon」や「ヤフオク!」などのプラットフォームを確認すると、カブトムシ販売のビジネスを行っている人が一定数います。

ただ、まだまだニッチな部類の副業なのでライバルの数が少なく、今から参入する場合でも問題はありません。

また、Webマーケティングを理解している人が少ないため、知識をつけておけばカブトムシの販売ビジネスにおける市場を独占することも可能です。

カブトムシの販売方法だけではなく、Webマーケティングも学べる情報は「【たった3ヶ月で60万円】虫嫌いなアナタでも不労所得が手に入る。ヘラクレスオオカブト販売ビジネス解体新書」で公開しています。

より確実にカブトムシの販売で儲けたいという方は、チェックしてみてください。

3. 横展開に繋がるから

一度カブトムシの販売で成果が出ると、他の様々な昆虫に横展開が可能です。

仕入れ→飼育→プラットフォームで販売という流れは、どんな生物でも変わりません。

クワガタやメダカなど、需要のある生物へと展開することで、さらに売上を伸ばせます。

流れをつかんでしまえば、他の生物にも応用できる点も、カブトムシ販売の強みです。

カブトムシの販売ビジネスが儲かる理由については「【稼げる】カブトムシの販売で売上60万円!5つのメリット・デメリットや手順を徹底解説」でも解説しています。あわせてチェックしてみてください。

【稼げる】カブトムシの販売で売上60万円!5つのメリット・デメリットや手順を徹底解説

カブトムシの販売ビジネスで儲かる方法を4ステップで解説

カブトムシの販売ビジネスで儲かる方法について、以下の4ステップで解説します。

  1. 売るカブトムシの種類を決める
  2. 売るプラットフォームを決める
  3. カブトムシの養殖を行う
  4. 販売を実施する

それぞれのステップごとに解説するので、詳細を1つずつチェックしていきましょう。

1. 売るカブトムシの種類を決める

カブトムシの販売ビジネスを始める際、最初に種類を決めましょう。

通常のカブトムシは国内で大量に安値で販売されており、ビジネスには向いていません。

利益が著しく落ちてしまうので、販売ビジネスを取り扱わないようにしましょう。

そこで、カブトムシの販売ビジネスを行う場合は以下の種類の中から決めましょう。

  • ヘラクレスオオカブト
  • ゴホンヅノカブト
  • ゾウカブト

いずれも高値で取引されているので、カブトムシの販売ビジネスに適しています。

適当に種類を決めると利益が落ちてしまうので、しっかりと見極めて選定しましょう。

2. 売るプラットフォームを決める

次はカブトムシを販売するプラットフォームを決めましょう。

カブトムシを販売するプラットフォームとして、以下の4つがおすすめです。

  • Amazon
  • ヤフオク!
  • 楽天市場
  • BASE

いずれも昆虫を販売できるプラットフォームかつ、知名度も高いので信頼性においても優れています。

国内で有名な「メルカリ」「ラクマ」といったプラットフォームでは昆虫を販売できないので、ビジネスを行う際は選ばないようにしましょう。

3. カブトムシの養殖を行う

販売する虫やプラットフォームが決まったのであれば、カブトムシの養殖を行いましょう。

ただ、自分で養殖すると難易度が上がるだけではなく、手間もかかってしまいます。

そこで、カブトムシの販売ビジネスを行う場合は完全外注を行いましょう。

カブトムシの育成を任せられる業者、育成が好きなマニアに頼むのがおすすめです。

プロに任せることで、育成に失敗することもないので安心して任せられます。

4. 販売を実施する

全ての準備が整った後は、実際にカブトムシを販売しましょう。

例えばAmazonで販売する際場合は、以下のような手順で進められます。

  1. Amazonでカブトムシの出品を行う
  2. Amazonの管理画面でカブトムシの購入通知を毎日チェックする
  3. 注文が入ったらカブトムシを飼育している外注先に連絡する
  4. 納品書に記載された住所を外注先に伝える
  5. 外注先から配送メールが届いたら購入者へ出荷を行う

これらの流れであれば1日5分程度の作業で済むので、本業がある方でも負担を感じずに続けられます。

具体的な販売方法や戦略は以下のリンク先で紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

販売して儲かるカブトムシの種類3選

販売して儲かるカブトムシの種類として、以下の3つが挙げられます。

  • ヘラクレスオオカブト
  • ゴホンヅノカブト
  • ゾウカブト

それぞれの相場や売れやすい理由について解説するので、参考にしてください。

1. ヘラクレスオオカブト

ヘラクレスオオカブトは大型カブトムシで子供やマニアからの人気も高く、販売ビジネスに適しています。

ある程度、大型に育ったヘラクレスオオカブトは3万円程度で販売できるので、高い利益率が見込めます。

小さめのヘラクレスオオカブトの場合でも1万円程度で販売できるため、十分に利益を出すことが可能です。

個体によっては「ヤフオク!」で300万円で落札された事例もあります。

外注もしやすい種類なので、カブトムシの販売ビジネスにおいておすすめです。

2. ゴホンヅノカブト

ゴホンヅノカブトはルックスに優れており、子供やマニアから人気の高い種類です。

「ヤフオク!」では、20,000~40,000円程度で取引されている傾向にあります。

幼虫期間は14~18か月程度かかるのが一般的で、育成も楽な部類です。

これらの理由から、ゴホンヅノカブトヘラクレスオオカブトと同じく、販売ビジネスに向いている種類といえます。

3. ゾウカブト

ゾウカブトも高い利益率が見込める種類なので、販売ビジネスに適しています。

「ヤフオク!」にて40,000~60,000円という高値で取引されているので、販売して儲けることが可能です。

ただ、幼虫期間が長く、18~24か月程度かかる場合があります。

3年を超えることもあるので、非常に時間がかかりやすいのが難点です。

育成難易度も高いため、ビジネスで販売する場合は必ずプロに外注しましょう。

カブトムシの販売で儲ける際の注意点5選

カブトムシの販売を始める際は、以下の注意点を把握しておかないと稼げなくなります。

  1. 自分で飼育すると手間がかかるので仕組み化する
  2. プラットフォームでのルール変更に注意
  3. 通常のカブトムシは儲からない
  4. Webマーケティングの知識を十分に身に付けてから始める
  5. 成功事例を読んでから始める

それぞれの注意点について見ていきましょう。

1. 自分で飼育すると手間がかかるので仕組み化する

カブトムシの飼育は温度管理などが難しく、初心者の方が何も知らずに行うと失敗する可能性があります。

育成には手間もかかるので、本業で忙しいサラリーマンの方だと負担を感じてしまうでしょう。

そのため、カブトムシを本格的にビジネス展開する場合は外注するのがおすすめです。

業者はもちろん、マニアに依頼することで育成する手間を省けます。

仕組み化を行い、効率化を実現してより手軽に稼げるビジネスにしていきましょう。

2. プラットフォームでのルール変更に注意

現在「Amazon」「ヤフオク!」などではカブトムシの販売が可能ですが、急遽ルール変更が実施する可能性があります。

カブトムシの販売が不可能になると、ビジネスそのものを展開できなくなります。

カブトムシの販売ビジネスは利益率が高く、稼ぎやすいビジネスですが、デメリットも考慮して始めましょう。

3. 通常のカブトムシは儲からない

通常のカブトムシは国内で業者が大量に販売しているため、安値で取引されています。

ビジネスで取り扱ったとしても利益が低いので、販売する場合は希少性や人気の高い種類にしましょう。

この仕組みを知らずに販売するカブトムシを適当に選ぶと、まず稼げません。

カブトムシの選定は適当に行わず、市場の動向も確認しながら慎重に検討しましょう。

4. Webマーケティングの知識を十分に身に付けてから始める

Webマーケティングの知識がないまま、カブトムシの販売ビジネスを始めるのは危険です。

戦略を立てづらくなる上に、ライバルとも差を付けられず不利な状態になってしまいます。

そこでWebマーケティングの知識があれば、高い利益率で販売する戦略の立て方を把握することが可能です。

カブトムシの販売ビジネスの市場では、Webマーケティングの知識を持つライバルがあまりいません。

少しでも有利な形でカブトムシの販売ビジネスを進めるためにも、Webマーケティングの知識を身に付けてから開始しましょう。

5. 成功事例を読んでから始める

カブトムシの販売ビジネスを始める場合は、成功事例を事前に確認しておきましょう。

成功事例を知っておくことで、どのように戦略を立てて動けばいいのか理解した状態でビジネスを始められます。

カブトムシの販売ビジネスは簡単ではないので、自己流で進めると失敗する可能性が高いです。

カブトムシの販売ビジネスで失敗すると、多くの時間や外注費を無駄にしてしまいます。

確実にカブトムシの販売ビジネスを成功させたいと考えている場合は、「ヘラクレスオオカブト販売ビジネス解体新書から成功事例を学ぶのがおすすめです。

成功事例を学び、攻略法を理解してから万全な状態でカブトムシの販売ビジネスを始めましょう。

虫嫌いでも不労所得を作れる、ヘラクレスオオカブト販売のノウハウ

松本さんのBrain「【たった3ヶ月で60万円】虫嫌いなアナタでも不労所得が手に入る。ヘラクレスオオカブト販売ビジネス解体新書」では、初心者でもできるカブトムシ販売のノウハウをまとめています。

Brainの内容(一部抜粋)
  • 虫嫌いでも外注して月20万円儲けるヘラクレスオオカブトの養殖方法
  • 効率よく売る3つの方法と選び方
  • 格安でヘラクレスオオカブトを仕入れる方法
  • 外注方法と雇用の仕方。
  • 不労所得を生むAmazonアカウント構築法
  • 100円から始めるAmazon広告のやり方

ライバルの少ない市場でビジネスを始めたい方や、副業にチャレンジしてみたい方は、ぜひご覧ください!

▼無料インタビューはこちら▼

>>【稼げる】カブトムシの販売で売上60万円!5つのメリット・デメリットや手順を徹底解説

Brain公式メディア読者限定特典

Brainの社長である迫 佑樹さん無料LINEマガジンへの登録で、豪華特典をプレゼント

  • 有料講演会で話した内容を限定公開
    →経済的自立を果たす10のステップ
    →時給10円から年商10億円に至る道のり
    →最短で0→1を立ち上げる起業術
    →お金持ちになる5つのルール
    (合計2時間28分49秒)
  • すぐに実行できる即金マニュアル
    (PDF24ページ)
  • 有益なコラムが完全無料で閲覧し放題

公式LINEに登録して、今すぐゲットしてみてください!