Webマーケティング職への転職が未経験では厳しいと言われる理由とは?活躍するためのポイントも紹介

「未経験者でもWebマーケティング職につける?」

「未経験者には厳しいと言われているけど本当?」

「未経験者がWebマーケティング職に就くための方法を知りたい」

このような疑問を持っている方も少なくないのではないでしょうか。

昨今、Webマーケティング職の人気が高まっており、未経験者でもなりたいと考える方も増えています。

結論としては、未経験でWebマーケティング職に就くのは厳しいですが、方法はあります。

この記事では、以下の内容について解説します。

  • 未経験でWebマーケティング職への転職が厳しいと言われている理由
  • 【年代別】未経験者のWebマーケティング業界転職事情
  • 目指す場合に気をつけるべき3つのポイント
  • 未経験でもWebマーケティングとして活躍するための主な4つの方法

未経験でもWebマーケティング職への転職を成功させるためにも、ぜひ最後までお読みください。

Brain公式メディア読者限定特典
Brain代表 迫佑樹無料LINEマガジンへの登録で、豪華特典をプレゼント
  • 有料講演会で話した内容を限定公開

    →経済的自立を果たす10のステップ

    →時給10円から年商10億円に至る道のり

    →最短で0→1を立ち上げる起業術

    →お金持ちになる5つのルール

    (合計2時間28分49秒)

  • すぐに実行できる即金マニュアル (PDF24ページ)
  • 有益なコラムが完全無料で閲覧し放題
公式LINEに登録して、今すぐゲットしてみてください!

未経験でWebマーケティング職への転職が厳しいと言われている3つの理由

未経験でWebマーケティング職への転職が厳しいと言われている理由は主に以下の3つです。

  • 実績が求められやすいから
  • 高い専門性が求められているから
  • 競争率が高いから

ひとつずつ見てきましょう。

1.実績が求められやすいから

Webマーケティング職では、過去の実績が非常に重視されます。

たとえば、SEO対策によるアクセス数の増加や、広告キャンペーンによるコンバージョン率の向上などの具体的な数値を求められるケースがあります。

これらの実績を持つ方は即戦力として期待されるため、企業にとって魅力的です。

一方で、未経験者はこうした具体的な成果を示すことができないため、採用されるのが難しくなります。

そのため、未経験者はポートフォリオを作成したり、自主的なプロジェクトを通じてスキルをアピールする工夫が必要です。

2.高い専門性が求められているから

Webマーケティングは高い専門性が求められているため、未経験者には厳しいと感じるかもしれません。

SEO、SEM、コンテンツマーケティング、SNSマーケティングなど、多岐にわたる分野でWenマーケティングは構成されています。

たとえば、SEOでは検索エンジンのアルゴリズムに関する深い理解が必要であり、SNSマーケティングでは各プラットフォームの特性を把握し、効果的な運用方法を知っていることが重要です。

未経験者がこれらの専門知識を短期間で習得するのは容易ではなく、そのため即戦力として期待されにくなってしまいます。

3.競争率が高いから

Webマーケティング職は人気のある職種であり、そのため転職市場では非常に競争率が高いです。

特に、テクノロジーの進化やデジタル化の進展に伴い、多くの企業がWebマーケティングの強化を図っているため、求人も増加しています。

しかし、それに比例して求職者も増えているため、優秀な人材を確保するための競争が激化しています。

経験者が優遇されやすい環境で、未経験者がその中で頭角を現すのは難しいと言わざるを得ないでしょう。

未経験者の自己アピールの手段としてインターンシップの経験を積んだり、独自のマーケティングプロジェクトを実施して実績を作ることが有効です。

【年齢別】未経験者のWebマーケティング業界転職事情

未経験者からWebマーケティング職に就こうと思っても年齢によって事情は異なります。

主な違いは以下の2つです。

  • 20代の場合:転職が十分可能
  • 30代以上の場合:年齢が増えるにつれ転職が難しい

自身の年齢に合った業界事情を理解して、理想とする転職を実施できるようにしましょう。

20代の場合:転職が十分可能

20代で未経験からWebマーケティング業界に転職することは十分可能です。

この年代は、柔軟な思考と学習能力が高く、企業側も若手の育成に意欲的な場合が多いです。

特に20代前半では、ポテンシャル採用としてのチャンスが広がっています。

企業は若手を育成することで将来的な戦力とするため、未経験でも意欲的で学習意欲の高い候補者を歓迎します。

また、20代は時間をかけてスキルを磨き、キャリアを積み重ねる余裕があるため、長期的な視点での採用も期待されます

未経験からスタートする場合、マーケティング関連の資格取得や自主的なプロジェクトを通じてスキルをアピールすることも転職活動において有利に働きます。

30代以上の場合:年齢が増えるにつれ転職が難しい

30代以上で未経験からWebマーケティング業界に転職する場合、年齢が増えるにつれて難易度が高くなる傾向があります

30代は既に他の業界での経験が豊富である一方で、企業は即戦力を求めることが多く、未経験者の採用に慎重になることがあります。

しかし、転職が不可能というわけではありません。

転職を成功させるためには、既存のキャリアやスキルをどのようにWebマーケティングに応用できるかを明確にすることが重要です。

たとえば、営業職で培った顧客対応スキルやデータ解析能力などを強調すると良いでしょう。

また、Webマーケティング関連の資格を取得し、知識の裏付けを示すことで、未経験ながらも意欲と能力があることをアピールできます。

さらに、ネットワーキングを活用し、業界内での人脈を築き、実務経験を持つプロフェッショナルとのつながりを通じて、アドバイスやチャンスを得ることができるでしょう。

未経験からWebマーケティング職を目指す場合に気をつけるべき3つのポイント

未経験からWebマーケティング職になったとしても、理想としていた働き方ができない可能性があります。

気をつけるポイントは以下の3つです。

  • 希望する職に就けない可能性がある
  • 教えてもらう環境が少ない
  • ワークライフバランスがとりにくい

それぞれを解説していきます。

1.希望する職に就けない可能性がある

未経験からWebマーケティング職を目指す場合、自分が希望する職種や役割にすぐには就けない可能性が高いので気をつけましょう。

多くの企業は即戦力を求めているため、経験者が優先される傾向があります。

たとえば、SEOや広告運用の専門職に就きたいと思っても、未経験者はまずアシスタントやサポート業務からスタートすることが一般的です。

また、大手企業よりも中小企業やスタートアップで経験を積むことになることもあります。

希望する職種に就けなくても、まずは経験を積み重ねることが重要なため、実務経験を通じてスキルを磨き、自分の目指すキャリアパスに近づけるようにしましょう。

2.教えてもらう環境が少ない

未経験からWebマーケティング職に転職した場合、十分な教育やサポートを受けられないことが多いケースが多いです。

特に、忙しい職場では新入社員に対する研修や指導の時間が限られていることが多く、自分から積極的に学ぶ姿勢が求められます。

オンラインコースや書籍を活用して自主的に勉強すること、先輩や同僚に質問して知識を深めることが重要です。

また、業界の最新トレンドを常にチェックし、自己学習を続けることが必要です。

自分のスキルアップのために投資を惜しまないことが、未経験からの成功の鍵となります。

3.ワークライフバランスがとりにくい

Webマーケティング職は、特に初期段階ではワークライフバランスを取りにくいことがあります。

プロジェクトの進行状況やキャンペーンのスケジュールに左右されることが多く、長時間労働や突発的な対応が求められることが頻繁にあります。

また、マーケティングの効果を最大化するために、データ分析やレポート作成などの作業が必要となり、これも時間が必要です。

未経験からこの業界に入る場合、最初は業務に慣れることが優先されるため、プライベートの時間が犠牲になることも覚悟しなければなりません。

効率的な仕事の進め方を学び、時間管理のスキルを身につけることで、少しでもワークライフバランスを改善する努力が重要です。

未経験でもWebマーケティング職で活躍するための主な4つの方法

未経験でもWebマーケティング職で活躍するための方法は以下の4つです。

  • マーケティングの知識を身につける
  • ブログやSNSでマーケティングを実践する
  • Webマーケティングスクールに通う
  • 未経験でも採用してくれる求人に応募する

ひとつひとつ見ていきましょう。

1.マーケティングの知識を身につける

Webマーケティングで成功するためには、まず基礎的なマーケティングの知識を身につけることが重要です。

身につけたい基礎的な内容は以下です。

  • マーケティング理論
  • 消費者行動
  • ブランディング
  • SEO
  • SEM
  • コンテンツマーケティング
  • SNSマーケティング

書籍やオンラインコース、専門サイトなどを活用して、自主的に学習するようにしましょう。

基礎知識をしっかりと習得することで、実務にスムーズに移行しやすくなります。

2.ブログやSNSでマーケティングを実践する

実際に自分のブログやSNSを運営してマーケティングを実践することは、未経験者にとって貴重な経験となります。

ブログではSEO対策を実施し、SNSではフォロワーを増やすための戦略を考え、実行してみましょう。

これにより、理論だけでなく、実際の運用スキルを身につけることができ、成功した事例や改善した経験をポートフォリオとしてまとめることで、面接での説得力が増します。

3.Webマーケティングスクールに通う

Webマーケティングスクールに通うことは、体系的に知識とスキルを身につけるための効率的な方法です。

スクールでは、現役のプロフェッショナルから最新のマーケティング手法やトレンドを学ぶことができ、実務に直結したカリキュラムが組まれています。

また、スクールでは実践的なプロジェクトを通じて経験を積む機会が多く、ポートフォリオとして活用できる成果物を作成できます。

作成したポートフォリオを企業に提出することでアピールが可能です。

さらに、スクールには同じ目標を持つ仲間が集まり、ネットワーキングの機会も豊富です。

スクールの中には卒業生ネットワークや就職サポートも充実しているところもあるため、未経験者が転職を成功させるための強力なバックアップとなります。

4.未経験でも採用してくれる求人に応募する

未経験者を積極的に採用している企業やポジションに応募することも重要です。

これらの企業は、教育プログラムやOJTを通じて新人を育成する体制が整っていることが多く、未経験者でもスムーズに業務を学ぶことができます。

求人情報をよくチェックし、未経験者歓迎や研修制度が充実している企業を見つけましょう

また、書類や面接で、学習意欲や自己学習の成果、実践経験をしっかりとアピールすることが大切です。

企業側にとって、未経験者でもやる気と学び続ける姿勢が見える候補者は魅力的です。

積極的にチャレンジすることで、未経験からでもWebマーケティング職につける可能性が高まります。

【普通の女子大生が200万超え】Instagramのアカウント設計~収益化までの全ノウハウ

あおさんが執筆したBrain「【普通の女子大生が200万超え】インスタのアカウント設計から収益化までの全ノウハウ」では、実際にあおさんがInstagramを運用して集めた再現性の高いノウハウを解説しています。

Brainの内容(一部抜粋)
  • 爆伸びできるアカウントコンセプトの3つの条件
  • 実際のアカウント運用者だからわかる知っておきたい平均数字
  • 5段階で解説、フォロワー数ごとに意識すべきポイント
  • 収益の発生が止まらなくなるインスタアフィのコツ
  • アカウント運営を不労所得化する外注方法について

さらに特典として「全投稿の実際の数字をまとめたスプレッドシート」「外注化する際に使っている指示マニュアル」も付属しています。

  • Instagramを始めたいけど、何をすればいいかわからない
  • チャレンジしたいけど、時間が取れない
  • 効率よくフォロワーを増やし、マネタイズを行いたい

と考えている方には、必見の内容です!

Brain公式メディア読者限定特典

Brain代表 迫佑樹無料LINEマガジンへの登録で、豪華特典をプレゼント

  • 有料講演会で話した内容を限定公開
    →経済的自立を果たす10のステップ
    →時給10円から年商10億円に至る道のり
    →最短で0→1を立ち上げる起業術
    →お金持ちになる5つのルール
    (合計2時間28分49秒)
  • すぐに実行できる即金マニュアル
    (PDF24ページ)
  • 有益なコラムが完全無料で閲覧し放題

公式LINEに登録して、今すぐゲットしてみてください!