【完全網羅】TikTok広告3つの種類と費用とは?成功事例と出稿方法を徹底解説

「TikTokの広告を活用したいけど、どんな種類があるの?」
「費用相場はどのくらい?」
「どのような広告を出稿すると販売につなげられるかな?」

こんなお悩みにお答えします。

TikTokは世界で人気があり、日本国内で1,700万人以上のアクティブユーザーを抱えています。近年ではプロモーションの手段として利用する企業が増えました。

アカウントを作成後に投稿を続けてフォロワーを増やす方法もありますが、最短で結果を出したいなら広告運用するのがおすすめです。
TikTokのターゲティング機能が優れているため、狙ったユーザー層に広告を表示させられるからです。

しかし、広告の形態や費用がわからないと、どのくらい予算をかけていいかわかりにくいですよね。

そこでこの記事では、以下の内容を解説します。

  • 広告を出すメリット
  • 広告の種類と費用
  • 成功事例の紹介
  • アカウントの作成方法
  • 広告出稿時の注意点

プロモーション活動としてTikTok広告の出稿を検討しているなら、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

Brain公式メディア読者限定特典
Brain代表 迫佑樹無料LINEマガジンへの登録で、豪華特典をプレゼント
  • 有料講演会で話した内容を限定公開

    →経済的自立を果たす10のステップ

    →時給10円から年商10億円に至る道のり

    →最短で0→1を立ち上げる起業術

    →お金持ちになる5つのルール

    (合計2時間28分49秒)

  • すぐに実行できる即金マニュアル (PDF24ページ)
  • 有益なコラムが完全無料で閲覧し放題
公式LINEに登録して、今すぐゲットしてみてください!

TikTok広告を利用する3つのメリット

TikTok広告を利用するメリットとして、大きく以下3つの点があげられます。

  1. 10〜20代のユーザーを中心に情報を届けられる
  2. 狙った視聴者層に広告を表示させられる
  3. フォロワー0人でも拡散される可能性がある

それぞれ順番に解説するので、広告を出すか迷っている方は参考にしてみてください。

1. 10〜20代のユーザーを中心に情報を届けられる

TikTokで広告を運用する最大のメリットは、10〜20代のユーザーを中心に情報を届けられる点があげられます。

総務省「令和2年度の情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書」によると、アプリを使用する世帯は10〜40代が中心でした。なかでも、10代のユーザーは57%以上と大半が利用している状況です。

10〜20代の若い世代向けのサービスを展開する企業にとって、TikTokはおすすめのSNSです。

2. 狙った視聴者層に広告を表示させられる

TikTokはターゲティング精度が高く、設定した視聴者層を狙って広告を表示させられます。指定できる項目は、以下のとおりです。

  • 年齢や性別
  • 居住地
  • 興味のあるジャンル
  • 言語

また、ターゲティングの設定には顧客データをTikTokと連携させると、ユーザーのなかから既存顧客を見つけ出せます。さらに、AIが自動で似た特性をもつユーザーに広告を表示するため、サービスに関心の高い層を絞り込めるのです。

TikTokのターゲティング機能を使って、顧客の獲得に役立ててみてください。

3. フォロワー0人でも拡散される可能性がある

アカウントを始めたばかりの段階でも、動画の拡散を狙いやすいのがTikTokの特徴です。視聴時間が長かったり「いいね」や「コメント」がついたりすると、AIが自動でおすすめ動画に掲載するので、大きな拡散が狙えます。

クオリティの高い動画を広告に組み込むと、ユーザーから見た印象がよくなり、企業のイメージアップにもつながります。

これからSNSで新規顧客を獲得していくなら、拡散を狙いやすいTikTokを始めるのがおすすめです。

TikTok広告3つの種類と費用相場

TikTokで配信できる広告は、以下3つの種類があります。

  1. インフィード広告|投稿の間に表示
  2. 起動画面広告|アプリ起動時に表示
  3. #チャレンジ広告|ユーザー参加型の企画

予算や目的、ターゲットにあわせて広告を選ぶと効果を最大化できます。費用相場とあわせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

1. インフィード広告|投稿の間に表示

インフィード広告は、投稿(フィード)と投稿の間に表示させる広告です。ユーザーがおすすめ投稿を閲覧したときや、通常投稿を見ているときに広告を差し込めるので、自然な形で宣伝できます。

インフィード広告には「予約型」と「運用型」に分けられるので、それぞれの特徴を詳しくみていきます。

1.1 予約型広告

3種類のシチュエーションにあわせて表示できるのが、予約型広告の特徴です。インフィード広告における、1日あたりの費用相場は以下のとおりです。

  • Top View:625万円
  • Brand Plemium:42万円
  • OneDayMax:300万円

「Top View」はアプリ起動時の15秒間に表示される広告で、最初にユーザーの目に入ります。新規商品の販売やイベントの告知など、短期間でプロモーションしたいときに効果的です。1日1社に限定されるため、費用は高くなります。

「Brand Plemium」は広告と関連性の高いユーザーに対し、最大60秒間の動画表示が可能です。通常投稿と見分けがつかないため、ユーザーから見たとき「広告だと気づかなかった」と感じさせる効果があります。ほかの予約型投稿と比べ、比較的低予算から始められる点が魅力。

「OneDayMax」はユーザーが1日のなかで4番目に見る投稿に対して、動画を表示させられる広告です。TikTokを起動してから比較的早くユーザーの目に留まるため「Top View」の次に広い層への拡散が期待できます。

1.2 運用型広告

運用型広告は「広告の掲載期間」や「ターゲット」を細かく設定できるインフィード広告です。予約型広告と比べて低価格から始められるので、予算をかけられない企業や個人の方におすすめです。

広告費用はオークションで決定するため、相場は変動します。おおよその費用相場は、以下のとおりです。

  • クリック型(CPC):広告1クリックあたり30〜100円
  • インプレッション型(CPM):1,000回表示されるごとに100〜1,000円
  • 再生型(CPV):再生が一定時間を超え1,000回表示されるごとに5,000〜60,000円

ターゲットの設定は自ら指定する必要があり、予約型投稿に比べると広い層への表示はできません。ただし、ターゲットの設定がうまくいくと、狙っている視聴者に広告を表示させられます。

低予算でプロモーションの効果を最大限に発揮したいと考える場合は、運用型広告を検討してみてください。

2. 起動画面広告|アプリ起動時に表示

起動型画面広告は、アプリ起動時に表示する広告です。広告枠は1日1社限定なので、多くのユーザーへ宣伝が可能です。

アプリ起動時に表示される点でインフィード広告の「TopView」と似ていますが、以下の特徴があります。

  • 起動画面広告:無音で3〜5秒の静止画や動画を表示
  • Top View:最大60秒の音声付き動画が表示される

最初の3〜5秒ほど動画広告が流れるだけなので、広告感を出さずに宣伝できます。費用相場は以下のとおりです。

費用1,000回再生あたり770円
想定費用500万円

商品やブランドの認知獲得に活かしたいなら、起動画面広告の利用を検討してみてください。

3. #チャレンジ広告|ユーザー参加型の企画

「#チャレンジ広告」はユーザー参加型の企画です。ハッシュタグ「#〇〇」を設定したあと、ハッシュタグにちなんだ動画の投稿を促すように拡散されます。

一般ユーザーによって制作された動画とあわせて広く拡散されるため、ブランドのイメージアップにつながります。また、ユーザーの購買意欲を高められるため、売り上げアップにつながるでしょう。

「#チャレンジ広告」の掲載期間は2ヶ月間で、費用は以下のとおりです。

  • スタンダードチャレンジ:1,500万円
  • ハッシュタグチャレンジプラス:1,700万円
  • バトルハッシュタグチャレンジ:2,000万円
  • ベーシックハッシュタグチャレンジ:1,000万円

インフィード広告や起動型広告と比べると高額になるため、予算をかけられる企業におすすめです。

TikTok広告の成功事例を3つの種類にわけて紹介

TikTok広告の種類や予算を説明してきました。なかには「どのように運用すると成果が出るかのかな?」と思う方も多いのではないでしょうか。

そこでこちらでは、広告の種類ごとに企業での成功事例を紹介します。

  1. 大塚製薬「ファイブミニ」|インフィード広告
  2. Fit me(フィットミー)|起動画面広告
  3. #みんなでドンキのPOPつくってみた|#チャレンジ広告

それぞれ順番に解説していきます。

1. 大塚製薬「ファイブミニ」|インフィード広告「予約型広告」

インフィード広告を活用した大塚製薬「ファイブミニ」の事例を紹介します。ファイブミニでは、若い女性への購買を目的にプロモーションを成功させました。

人気のインフルエンサーを起用して「再生数」や「いいね」を獲得。TikTokでハッシュタグ「#ファイブミニ」がついた動画の視聴回数は、2021年8月時点で2,000万再生を超えました。

動画が広く拡散されて、まだ買ったことのないユーザーに対して購入の後押しにつなげています。

2. Fit me(フィットミー)|起動画面広告

起動画面広告を活用した成功事例として、リキッドファンデーション「Fit me(フィットミー)」を紹介します。

ほかのメディアよりいち早くTikTok広告を取り入れることで、配信後に1,500万回の表示回数を記録。女性ユーザーの認知獲得と購買行動を促すことで、広告を出したあとの翌月の売り上げは過去最高記録を出しました。

3. #みんなでドンキのPOPつくってみた|#チャレンジ広告

ハッシュタグチャレンジ広告を活用した「#みんなでドンキのPOPつくってみた」を紹介します。

ドン・キホーテ店頭に使用するキャッチコピーをTikTokのコメント欄で募集するキャンペーンを実施しました。優秀作品を店舗POPに掲載するため、ユーザーが一斉に動画を投稿。

人気インフルエンサーにも拡散されて、大きな反響を呼びました。

TikTok広告アカウントの作成を5つのステップで解説

TikTok広告を出したいと思っても、どういった手順ですすめたらいいかわからないですよね。そこでこちらでは、広告アカウントの登録から、運用型広告を出稿する手順を5つのステップにわけて解説します。

  1. 広告アカウントの登録
  2. 課金形態の選択
  3. ターゲットの設定
  4. 予算の設定
  5. 広告セットの作成

それぞれ順番に解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

1. 広告アカウントの登録

最初に、TikTokの広告アカウントを登録します。TikTok For Businessから「メールアドレス」と「パスワード」を設定してください。

つぎに、会社の所在地や業界など必要事項を入力しましょう。

これでアカウントの登録は完了しました。

2. 課金形態の選択

つぎに、課金形態を選択します。クレジットカードもしくはデビットカードのいずれかを登録してください。

課金形態については「手動決済」と「自動決済」から選べます。手動決済は、広告配信前に費用を前払いします。自動決済は広告にかかった費用を自動請求する設定です。

広告ごとに金額を設定するのが手間に感じられる方は、自動決済を選択してください。

3. ターゲットの設定

つぎは、広告のターゲットを設定します。「自動オーディエンス」と「カスタムオーディエンス」を指定できますが、詳細を設定できるカスタムオーディエンスを選択しましょう。設定できる項目は、以下のとおりです。

  • 人口統計:性別・年齢・言語
  • 興味:19ジャンルから選択
  • ユーザー行動:「いいね」「コメント」「最後まで視聴」のなかから選択

広告を表示させたいユーザーをもとに、ジャンルを選択しましょう。例えば、美容コスメを紹介したいときは「ビューティ&ヘルスケア」にチェックを入れます。

詳細を設定できたら、つぎは予算を決めます。

4. 予算の設定

予算の設定では「1日あたり」もしくは「全体」の費用を決めます。目的にあわせて金額を入力しましょう。

掲載期間を指定すれば、そのスパンだけ広告を表示できます。データを収集して細かくターゲットを調整したいときは、短い期間を入力してください。

5. 広告セットの作成

最後に広告セットを作成します。広告に使う動画をアップロードしてください。あとは動画視聴後のユーザーへ行動を促すテキストを指定すれば、広告セットの登録は完了です。

送信ボタンを押すと広告の審査に入ります。最短で1営業日以内に回答がくるので、審査に通ったあとは広告が出稿されます。

TikTok広告を出稿する際の2つの注意点

TikTok広告を出稿する前に、確認しておきたい2つの注意点があります。

  • 広告の審査基準を満たしているか確認する
  • クオリティの高い動画を制作する

それぞれ順番にみていきます。

1. 広告の審査基準を満たしているか確認する

当たり前のことですが、TikTok広告を出すなら審査基準を満たしているか確認しましょう。ガイドラインに違反した動画は、審査で落とされてしまいます。

TikTok広告の審査基準は、以下のとおりです。

  • 広告と遷移先のランディングページが一致している
  • 性的表現やギャンブルなど禁止産業に該当しない

投稿できないコンテンツは、TikTok「ブランドコンテンツポリシー」で閲覧できます。広告を出す前にガイドラインを見直しておきましょう。

2. クオリティの高い動画を制作する

TikTok広告を出すならクオリティの高い動画を制作するのが大事です。広告を出稿すれば多くの人に表示されますが、ユーザーに関心をもたれなければ期待した成果は出ないからです。

TikTokにおいて、あきらかに商品の宣伝らしい広告は嫌われる傾向にあります。ユーザーから「いいね」や「コメント」がつかないと、TikTokのアルゴリズムに評価がされなくなるため、動画は拡散されません。

TikTok広告の動画では、ユーザーの興味や関心を引く内容にするのが大切です。

【無料部分あり】TikTokの始め方や具体的なマネタイズ法

チエロさんのBrain『【初心者向け】 TikTok攻略の基礎講座【0からはじめて100万円収益化まで】』では、2週間で1.2万フォロワーを達成し、3ヶ月目で月収100万円を達成したノウハウを実例つきで紹介しています。

Brainの内容(一部抜粋)
  • 0からTikTokをスタートする方法
  • 最短距離でTikTokを伸ばすノウハウ
  • 実例つきのマネタイズ攻略法

さらに0からTikTokをスタートする方法や、具体的な動画の撮影・編集方法に関しては、すべて無料で閲覧可能です。

  • これからTikTokを始めたい
  • 始め方がいまいちわからない
  • せっかく始めるならしっかり稼ぎたい

と考えている方には、必見の内容です!

Brain公式メディア読者限定特典
Brain代表 迫佑樹無料LINEマガジンへの登録で、豪華特典をプレゼント
  • 有料講演会で話した内容を限定公開

    →経済的自立を果たす10のステップ

    →時給10円から年商10億円に至る道のり

    →最短で0→1を立ち上げる起業術

    →お金持ちになる5つのルール

    (合計2時間28分49秒)

  • すぐに実行できる即金マニュアル (PDF24ページ)
  • 有益なコラムが完全無料で閲覧し放題
公式LINEに登録して、今すぐゲットしてみてください!