【起業したいけどアイデアがない人向け】0円起業の方法10選!コツや注意点も解説

「起業したいけど、良いアイデアが思いつかない…」
「何か面白いビジネスアイデアはないかな?」

起業に興味はあるものの、具体的にどんなビジネスを始めればいいのかわからず、一歩が踏み出せないでいる人は多いのではないでしょうか。実は成功例が数多く存在するので、ゼロから自分でアイデアを生み出す必要はありません。

日常生活の中の問題点や、自分の経験・スキルを生かす方法を考えるだけでも、立派な起業アイデアになります。今回の記事では、起業アイデアが見つからない人向けに0円起業の方法をご紹介。

起業への一歩を踏み出すきっかけとして、ぜひ最後まで読んで今日から実践してみましょう。

Brain公式メディア読者限定特典
Brain代表 迫佑樹無料LINEマガジンへの登録で、豪華特典をプレゼント
  • 有料講演会で話した内容を限定公開

    →経済的自立を果たす10のステップ

    →時給10円から年商10億円に至る道のり

    →最短で0→1を立ち上げる起業術

    →お金持ちになる5つのルール

    (合計2時間28分49秒)

  • すぐに実行できる即金マニュアル (PDF24ページ)
  • 有益なコラムが完全無料で閲覧し放題
公式LINEに登録して、今すぐゲットしてみてください!

【起業したいけどアイデアがない人向け】0円起業の方法10選

0円起業の方法として、以下の10個を集めてみました。

  1. コンテンツ販売
  2. フランチャイズ
  3. Webライター
  4. アフィリエイト
  5. オンライン秘書
  6. 動画編集
  7. デザイナー
  8. プログラミング
  9. 物販
  10. SNS運用代行

それぞれがどのような起業の方法なのか、チェックしましょう。

1. コンテンツ販売

自分の知識やスキルを活かして、オンラインでコンテンツを販売するのがおすすめです。コンテンツ販売は、自分の経験や稼げるノウハウの情報をまとめた電子書籍やオンライン講座を作成し、販売するビジネスです。

初期費用はほとんどかからず、在庫を抱えるリスクもありません。実績がなくても始められる上に利益率も高いので、これから起業する際のビジネスとして良いでしょう。

ほぼ0の状態からコンテンツ販売で成功した事例は「実績0・影響力0の状態からコンテンツを販売する5ステップ!わずか6ヶ月で月商98万円を達成した花咲みわさんが解説」で紹介しています。コンテンツ販売に興味がある場合は、ぜひチェックしてみてください。

実績0・影響力0の状態からコンテンツを販売する5ステップ!わずか6ヶ月で月商98万円を達成した花咲みわさんが解説

2. フランチャイズ

フランチャイズとは本部から店舗運営のノウハウを提供してもらい、加盟店として独立する方式です。本部のサポートを受けられるので、経験がない人でも始めやすいのが特徴です。

プロのノウハウを学んで起業できるので、自信がない方にも向いています。まずはスキルやノウハウを身につけたい場合は、フランチャイズ加盟を検討しましょう。

3. Webライター

Webライターは、企業のホームページやブログ記事などを執筆する仕事です。在宅で好きな時間に働けるので、主婦やフリーターにも人気の職種です。

文章力があれば、特別なスキルは必要ありません。まずは副業から始めるのにも適している上にコストもほぼかからないので、企業にハードルの高さを感じているのであれば、Webライターを選びましょう。

Webライティングの基礎を「【誰でもできる】Webライティングの基本を徹底解説!すぐ上達する9つのコツも紹介」で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【誰でもできる】Webライティングの基本を徹底解説!すぐ上達する9つのコツも紹介

4. アフィリエイト

アフィリエイトとは自分のブログやSNSで商品やサービスを紹介し、購入につながった場合に報酬を得られる仕組みです。初期費用はほぼかからず、好きな時間に好きな場所で作業できます。

執筆を外注すれば、ほぼ手を動かさずに稼ぐことが可能です。ただし、収益が上がるまでには時間がかかるので、長期的な目線での運営を意識しましょう。

【初心者OK】アフィリエイトのやり方5ステップ!稼ぐコツやよくある失敗例も紹介」の記事で、さらに詳しいコツやノウハウを語っているので、ぜひチェックしてみてください。

【初心者OK】アフィリエイトのやり方5ステップ!稼ぐコツやよくある失敗例も紹介

5. オンライン秘書

オンライン秘書は、企業や個人事業主の事務作業をリモートでサポートする仕事です。データ入力やスケジュール管理、メール対応など、幅広い業務を担当します。

在宅ワークなので、子育て中の方にもおすすめです。必要なのはパソコンとインターネット環境だけなので、初期費用はほぼかかりません。

6. 動画編集

動画編集は編集ソフトやアプリを使って、YouTubeやTikTok用の動画を作成・編集する仕事です。YouTubeやTikTokなどの動画プラットフォームが普及し、動画編集のニーズが高まっています。

動画編集のスキルがあれば、個人や企業から仕事を受注できます。ディレクターやマーケターなどのステップアップも可能なので、将来性の高い仕事です。

動画編集者を始めたいのであれば「動画編集は独学からでも始められる!月30万を越えられる独学ロードマップを紹介」の記事を読んで、参考にしてみましょう。

動画編集は独学からでも始められる!月30万を越えられる独学ロードマップを紹介

7. デザイナー

グラフィックデザインやWebデザインのスキルがあれば、フリーランスのデザイナーとして活躍できます。名刺やチラシ、ホームページのデザインなど、幅広い案件を受注できるので案件にも困りません。

ただし、デザインに関して、クライアントとのコミュニケーション力や提案力が求められます。また、修正など臨機応変に対応する必要もあるので、対応能力も見られる点は事前に理解しておきましょう。

デザインの知識がない場合は「独学でWebデザイナーになれる?具体的な勉強法や注意点なども紹介」の記事がおすすめです。具体的な勉強法なども記載しているので、スタート時の参考にしてみてください。

独学でWebデザイナーになれる?具体的な勉強法や注意点なども紹介

8. プログラミング

プログラミングのスキルがあれば、Webサイトやアプリ開発の案件を受注できます。在宅ワークが可能で、高単価の案件も多いのが魅力です。

ただし、技術力や問題解決力が求められるので、常に学習を続ける必要があります。根気強く学び続けられる人は、プログラミングでの独立を考えてみましょう。

9. 物販

フリマアプリやオークションサイトを活用すれば、物販を誰でも簡単に始められます。敷居も低く、これから起業する際におすすめです。

敷居が低い分、ノウハウを知っておかないと稼ぐことはできません。特にノウハウや立ち回り方を工夫しないと稼げないビジネスなので、先に成功者から学んでおきましょう。

物販のノウハウは「【誰でも月10万円】アパレル・古着転売を始める5つのメリットとは!月800万円稼ぐイクマツさんが伝授」の記事で学べます。先にプロのノウハウを仕入れておきたい場合は、チェックしてみましょう。

【誰でも月10万円】アパレル・古着転売を始める5つのメリットとは!月800万円稼ぐイクマツさんが伝授

10. SNS運用代行

企業や個人事業主、インフルエンサーのSNSアカウントを運用代行する仕事です。投稿内容の企画や制作、フォロワーとのコミュニケーション、SNS広告運用などを担当します。

在宅ワークが可能で初期費用もほぼかかりませんが、SNSの知識やマーケティング力が求められます。トレンドも常に追っていく必要があるので、キャッチアップ力がある人に向いているビジネスです。

これから起業する際の流れ

これから起業する際の流れとして、以下がおすすめです。

  1. ビジネスモデルを決める
  2. 起業計画を考える
  3. 起業資金を調達する
  4. 各種設立手続きを行う

再現性の高い方法なので、ぜひ参考にしてみてください。

1. ビジネスモデルを決める

これから起業する際は、どのようなビジネスを展開するのかを明確にすること大切です。自分の強みや経験を活かせるビジネスモデルを検討しましょう。

また、市場調査を行い、競合他社の動向や顧客ニーズを見て需要を把握することも重要です。ビジネスモデルが決まったら、事業の概要をまとめた事業計画書を作成します。

2. 起業計画を考える

次に、起業計画を具体的に考えていきます。事業の目的や目標、ターゲット顧客、販売戦略、収支計画などを明確にしましょう。

また、事業を運営するための体制づくりも必要です。外注体制の構築、パートナーの選定など、運営体制を整えていきます。

起業計画は事業の柱となるものなので、しっかりと考え抜くことが大切です。

3. 起業資金を調達する

起業には、ある程度の資金が必要不可欠です。自己資金だけでは不足する場合は、外部からの資金調達を検討しましょう。

銀行からの融資や投資家からの出資、クラウドファンディングの活用など、多くの方法が挙げられます。資金調達の際は、事業計画書を用いて事業の将来性をアピールすることが重要です。

また、返済計画を立てるなど、資金繰りにも気を配りましょう。

4. 各種設立手続きを行う

資金調達が完了したら、いよいよ会社設立の手続きに入ります。法人設立の際は、定款の作成や登記申請などの手続きが必要です。

また、税務署への届出や社会保険の加入手続きなども忘れずに行いましょう。手続きには専門的な知識が必要なので、司法書士や行政書士に依頼するのもおすすめです。

起業したいけどアイデアがない人が成功する3つのコツ

起業したいけどアイデアがない人が成功するコツとして、以下を覚えておきましょう。

  1. 副業からスタートする
  2. まずは始めやすいビジネスでチャレンジする
  3. 成功者の教えを参考にする

最速最短で成功したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

1. 副業からスタートする

いきなり会社を設立するのではなく、まずは副業からスタートするのがおすすめです。本業の仕事をしながら、休日や空き時間を使って副業に取り組みましょう。

副業ならリスクを抑えつつ、ビジネスの感覚が身につきます。副業からスタートして、スキルやノウハウを十分に身につけてから起業することで不安を打ち消せるでしょう。

2. まずは始めやすいビジネスでチャレンジする

起業アイデアがない場合は、まずは始めやすいビジネスにチャレンジしてみましょう。例えば、コンテンツ販売やアフィリエイト、SNS運用代行などは初期費用が少なく始められるビジネスです。

自分の得意分野や興味のある分野で、小さく始めてみると手ごたえを実感できます。始めやすいビジネスで経験を積み、徐々に事業を拡大していくことで起業への自信がつくでしょう。

3. 成功者の教えを参考にする

起業アイデアに悩んでいる方は、成功者の教えを参考にしてみましょう。成功者の経験談から学んだ方が、独学よりも圧倒的に早く成功にたどりつけます。

以下のリンクでは、たった6ヶ月で月商98万円を達成した方のノウハウが覗けます。ビジネス初心者でも再現しやすい方法をおすすめしているので、ぜひ参考にしてみてください。

起業したいけどアイデアがない人が注意すべき3つのポイント

起業したいけどアイデアがない人が注意すべきポイントとして、以下が挙げられます。

  1. 事前にリスクを想定しておく
  2. 初めは収入が不安定になりやすい
  3. 自己管理をしっかりと行う

知らないと失敗するリスクがあるので、注意しましょう。

1. 事前にリスクを想定しておく

起業にはさまざまなリスクが潜んでいるので、計画や対策なしで始めるのはおすすめしません。資金面では、初期投資やランニングコストがかさむことがあげられます。

また、事業を行っていく上で法的なトラブルに巻き込まれるリスクもゼロではありません。起業前にこれらのリスクを想定し、対策を考えておくことが重要です。

事業計画をしっかりと考え、失敗した時のリカバリー方法も考えておきましょう。

2. 初めは収入が不安定になりやすい

起業すると自分の能力や努力次第で高収入を得られる可能性がある一方で、収入が不安定になりやすいというデメリットもあります。特に、事業が軌道に乗るまでの期間は、安定した収入を得るのが難しいでしょう。

会社員時代のように毎月決まった額の給与がもらえるわけではないため、生活費が賄えなくなるリスクがあります。起業する際は、当面の生活費をカバーできる貯蓄を用意しておくなど、資金面の備えを確認しておきましょう。

3. 自己管理をしっかりと行う

起業すると時間の管理から税務処理まで、全てを自分でこなさなければなりません。自由な働き方ができる反面、自己管理能力が問われます。

特にセルフマネジメントが苦手な人は、独立後に思うようにパフォーマンスを発揮できない恐れがあります。起業前から、時間管理や目標設定など、自己管理のスキルを磨いておくことをおすすめします。

また、サポート業務を任せられるオンライン秘書を雇うなど、外注する方法も検討しましょう。

Brain公式メディア読者限定特典
Brain代表 迫佑樹無料LINEマガジンへの登録で、豪華特典をプレゼント
  • 有料講演会で話した内容を限定公開

    →経済的自立を果たす10のステップ

    →時給10円から年商10億円に至る道のり

    →最短で0→1を立ち上げる起業術

    →お金持ちになる5つのルール

    (合計2時間28分49秒)

  • すぐに実行できる即金マニュアル (PDF24ページ)
  • 有益なコラムが完全無料で閲覧し放題
公式LINEに登録して、今すぐゲットしてみてください!