Webデザイナーの末路は悲惨?後悔せず稼ぐポイント9つを解説

「Webデザイナーになろうと考えているけど、末路が気になる」

「Webデザイナーになって後悔している人はいる?」

「末路をよくするためにできることを知りたい」

このような悩みを持っている方もいるのではないでしょうか。

Webデザイナーになろうとしている人は多くなっていますが、実際に働いてから思っていたのと違うとなることは避けたいですよね。

この記事では、Webデザイナーの末路はどうなっているのかを実情を踏まえて解説しています。

これからWebデザイナーになろうと考えている人や、実際にどのように働いている人がいるのか気になる方は、最後までご覧ください。

Brain公式メディア読者限定特典
Brain代表 迫佑樹無料LINEマガジンへの登録で、豪華特典をプレゼント
  • 有料講演会で話した内容を限定公開

    →経済的自立を果たす10のステップ

    →時給10円から年商10億円に至る道のり

    →最短で0→1を立ち上げる起業術

    →お金持ちになる5つのルール

    (合計2時間28分49秒)

  • すぐに実行できる即金マニュアル (PDF24ページ)
  • 有益なコラムが完全無料で閲覧し放題
公式LINEに登録して、今すぐゲットしてみてください!

Webデザイナーの末路はどうなっている?実情を6つに分けて解説

実際に、Webデザイナーの末路はどうなっているのでしょうか。

この章では実情を以下6つに分けて解説していきます。

  • 働く時間が長くなりやすい
  • Webデザイナーが増えすぎている
  • 給料が低くなりやすい
  • 副業として始めやすい
  • 主婦でも働きやすい
  • 40代以上は未経験だと採用されにくい

それぞれを見ていきましょう。

1.働く時間が長くなりやすい

Webデザイナーの働き方として、働く時間が長くなりやすい傾向があります。

Webデザインの仕事は、クライアントの要求に応じた変更や修正が必要になることも多く、これが長時間労働を引き起こす原因となります。

副業やフリーランスとしてWebデザイナーの仕事を行っている人も多くいます。

その場合、自分で仕事の量をコントロールする必要がありますが、安定した収入を確保するために多くの仕事を受けることがあるため、ワークライフバランスを保つのが難しいこともあります。

実際にWebデザイナーとして活躍されている方のSNSで投稿されたコメントです。

Webデザイナーはキラキラして働けるイメージがありますが、実際はそうではなく、業務量が多く長時間働いている人もいるようです。

この意見がすべてではないですが、Webデザイナーの末路として残業が多いことは、頭の片隅には入れておいた方がよさそうです。

2.Webデザイナーが増えすぎている

Webデザイナーの末路の1つとして、「Webデザイナーが増えすぎている」です。

近年、Webデザイナーとしてのキャリアに対する関心が高まっています。

これはインターネット上で学べるコンテンツが増えていることやパソコン一つで始められるため、参入する障壁が低いことが原因です。

そのため、市場にはWebデザイナーが増え、競争が激化しています。

SNS上でも、「Webデザイナーとしてがんばります。」という意見は多くあったが、今でも活動している方は少ないようです。

3.給料が低くなりやすい

Webデザイナーの末路として、「Webデザイナーは給料が低くなりやすい」と言われています。

Webデザイン業界は仕事量が増加傾向にありますが、給料はあまり変わっていない状態です。

そのため、Webデザイナーは仕事量や残業が多く給料が安いため、割に合わないという声も上がっています。

もちろん、Webデザイナーで高い給料をもらっている人はいますが、多くの人の給料は低いです。

これからWebデザイナーになろうと考えている人は、給料についても考えて検討する必要がありそうです。

4.副業として始めやすい

Webデザイナーとして働くために必要な資格はないため、誰でも始めやすいです。

技術やソフトウェアの知識があれば自宅で作業が可能であるため、副業として始めやすいという特徴もあります。

自宅で作業ができるため、柔軟なスケジューリングやリモートワークの選択肢があり、本業と並行して無理なくWebデザインの仕事を行うことが可能です。

さらには、インターネット上にWebデザインを学べる教材や書籍も数多く出ているため、学ぶ意思があれば誰でも始めやすくなっています。

https://twitter.com/mini_design_kk/status/1752335027164340233

5.主婦でも働きやすい

Webデザインの仕事は在宅勤務が可能なケースが多く、自由な時間で働けるため、主婦や育児中の人にとっても働きやすい職業です。

子育てや家事と仕事を両立しやすいのが特徴で、時間の管理を上手く行えば効率的に仕事をこなすことができます。

主婦やママ向けのWebデザインスクールもあり、シッターサービスを利用すればお子さんを預けられるところもあるようです。

主婦やママは時間がない中で効率よくやるべきことをこなさなければなりません。

ちょっとした空き時間を上手く使うことでWebデザインの仕事をおこなえるため、Webデザイナーは主婦やママにも人気の職種です。

6.40代以上は未経験だと採用されにくい

Webデザイン業界は20代から30代前半までの若手が多く、新しい技術やトレンドに敏感な人材が求められることが多いです。

40代以上で未経験の場合、新しい技術の習得や業界の動向に対する理解、また年齢による偏見などがハードルとなり採用されにくい傾向にあります。

ただし、経験やスキルがあれば年齢はそれほど問題ではない場合もあるため、自身の年齢とスキルを把握し就職活動を行うようにするのがよいでしょう。

Webデザイナーの末路をよくするためにやるべき6つのコツ

Webデザイナーの末路をよくするためには、以下6つのコツがあります。

  • コーディングやプログラミングの知識を身につける
  • Webマーケティングの知識を身につける
  • UI/UXデザインのスキルを身につける
  • Webデザインの資格を取得する
  • コミュニケーション力を身につける
  • マネジメントの方法を学ぶ

ひとつずつ見ていきましょう。

1.コーディングやプログラミングの知識を身につける

Webデザイナーの末路をよくするために、コーディングやプログラミングの知識を身につけましょう。

特にコーディングはWebデザインの基礎です。

さらにHTMLCSSはWebページの構造とスタイリングを制御するために不可欠で、JavaScriptはページを動的にするために使用されます。

これらの言語を習得することで、デザイナーはクライアントの要望を現実のものに変えやすくなるのです。

また、レスポンシブデザインの技術を理解することで、デバイスの種類に関係なく、サイトを魅力的に作り出すことを可能にします。

このようにコーディングやプログラミングの知識はWebデザインに必要なため、身につけるようにしましょう。

2.Webマーケティングの知識を身につける

Webマーケティングの知識を身につけることは、Webデザイナーの末路をよくするために必要なスキルです。

Webデザイナーは、マーケティング戦略にも精通していることが望ましいです。

特にSEO(検索エンジン最適化)やソーシャルメディアマーケティングの基本を理解することで、デザインがより多くのオーディエンスにリーチするのを助けます。

また、Google Analyticsのようなツールを使ってサイトのトラフィックを分析する能力は、デザインの効果を測定し、必要に応じて調整を加えるのに役立ちます。

これらはすべてWebマーケティングの知識です。この知識はWebデザイナーに求められる知識のため、身につけるようにしましょう。

3.UI/UXデザインのスキルを身につける

UI/UXデザインのスキルを身につけることで、Webデザイナーの末路をよくすることにつながります。

UIとは、ユーザーインターフェースの略称で、ユーザーが見たり触れたりして接する部分をさします。

UXとは、ユーザーエクスペリエンスの略で、ユーザーがサイトや製品、サービスなどを通じて得られる体験や経験のことです。

優れたUIとUXのデザインは、サイトが直感的でユーザーが使いやすくなります。

UI/UXを優れたものにするには、色彩理論、タイポグラフィ、レイアウトの原則などの基本的なデザイン原則を理解しなければなりません。

スマートフォンやパソコン、タブレットなどさまざまな端末で閲覧されることが多いため、Webデザイナーはそれらを考慮する必要があります。

そのためにUI/UXをよりよくすることで、Webデザイナーの末路をよくすることにつながるのです。

4.Webデザインの資格を取得する

Webデザイナーになるための資格はありませんが、資格取得で末路をよくできます。

専門的な資格や認証を取得することで、あなたのスキルと知識を客観的に証明できるため、就職活動やスキルをアピールしやすくなります。

主なWebデザインの資格は以下のとおりです。

  • ウェブデザイン技能検定
  • Webクリエイター能力認定試験
  • Photoshop®クリエイター能力認定試験
  • Illustrator®クリエイター能力認定試験
  • HTML5プロフェッショナル認定など

これらの資格を取得することで企業側にアピールできるだけでなく、資格取得の勉強で自身のスキル向上につながります。

5.コミュニケーション力を身につける

Webデザイナーの末路をよくするためには、コミュニケーション力を身につけることが大切です。

Webデザイナーはユーザーとだけでなくチームメンバーとコミュニケーションをとる必要があります。

ユーザからの要望を拾い上げることや指摘事項を反映させること、チームメンバーに指示することなどコミュニケーションをとる場面は多々あります。

効果的なコミュニケーションは、プロジェクトを成功させるために不可欠なスキルのため、身につけるようにしましょう。

6.マネジメントの方法を学ぶ

マネジメントはWebデザイナーとして必要な能力です。

Webデザイナーとして働くためには、デザインを作るだけでなく、プロジェクトの進行をマネジメントする場面も出てきます。

他にも、タスクの優先順位付け、期限の管理、チームメンバー間のコミュニケーション、リソースの効果的な配分などを行う必要があります。

また、キャリアアップとしてマネジメント職に就いた場合もマネジメント力を身につけておけば、スムーズに業務を行えます。

現役Webデザイナーが教える「即戦力デザイン講座」

ちこさんのBrain「現役Webデザイナーが教える「即戦力デザイン講座」」では、未経験から仕事のできるWebデザイナーになるためのノウハウを解説しています。

さらに購入者限定で、以下の特典を受け取れます。

  • 【これで時短!】一目でフォントを選べれる!フォントシート
  • 【修正が激減!】私が実務で実際に使っているヒアリング内容
  • デザインを圧倒的に上達させる添削チケット2回
  • 添削デザインのデザインデータプレゼント!

これからWebデザイナーを目指したい方は、必見の内容です!

Brain公式メディア読者限定特典
Brain代表 迫佑樹無料LINEマガジンへの登録で、豪華特典をプレゼント
  • 有料講演会で話した内容を限定公開

    →経済的自立を果たす10のステップ

    →時給10円から年商10億円に至る道のり

    →最短で0→1を立ち上げる起業術

    →お金持ちになる5つのルール

    (合計2時間28分49秒)

  • すぐに実行できる即金マニュアル (PDF24ページ)
  • 有益なコラムが完全無料で閲覧し放題
公式LINEに登録して、今すぐゲットしてみてください!