【知らないとヤバい】AIで無くなる仕事10選!奪われないための対策も紹介

「AIの発展で仕事が奪われるのでは?」
「今後、生活が苦しくなるのではないか…」

AIの発展に伴い、このような不安を抱えている人は少なくないでしょう。実際に、ライターや経理などさまざまな職業がAIに仕事を奪われるかもしれません。

しかし、AIが発展しても無くならない仕事も存在します。今回の記事ではAIで無くなる可能性が高い仕事と、AIが発展しても無くならない仕事について徹底解説。

自分の仕事がAIに奪われるのではないかと不安に感じている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Brain公式メディア読者限定特典
Brain代表 迫佑樹無料LINEマガジンへの登録で、豪華特典をプレゼント
  • 有料講演会で話した内容を限定公開

    →経済的自立を果たす10のステップ

    →時給10円から年商10億円に至る道のり

    →最短で0→1を立ち上げる起業術

    →お金持ちになる5つのルール

    (合計2時間28分49秒)

  • すぐに実行できる即金マニュアル (PDF24ページ)
  • 有益なコラムが完全無料で閲覧し放題
公式LINEに登録して、今すぐゲットしてみてください!

AIで無くなる仕事10選

AIで無くなる仕事10選として、挙げられるのは以下の項目です。

  1. ライター
  2. 経理
  3. エンジニア
  4. カウンセラー
  5. 動画編集者
  6. コンサルタント
  7. データ入力
  8. コールセンター職員
  9. 翻訳士
  10. デザイナー

それぞれの仕事がなくなる理由について、見ていきましょう。

1. ライター

AIの発展により、記事や文章の自動生成が可能になりつつあります。特にニュース記事やWebコンテンツなどの定型的な文章は、AIによって代替される可能性が高いと言えるでしょう。

他にも、YouTube台本やSNSの長文投稿もAIで執筆が可能です。AIに仕事が取られないようにするためにも、高度なライティングテクニックを身につけておく必要があります。

2. 経理

経理業務の多くは、AIによる自動化が進んでいます。請求書の処理や仕訳、決算業務などは、AIを活用することで効率化が図ることが可能です。

実際に国内外問わず、多くの経理作業を代行してくれるツールが登場しています。ただし、高度な判断を要する業務や経営戦略に関わる部分は、人間の手に委ねられる傾向にあります。

3. エンジニア

プログラミングの分野でも、AIの活躍が目覚ましく注目を集めています。コードの自動生成や、バグの検出などは、AIによって代替可能になりつつあります。

しかし、システム設計や構築など、高度な技術力を要する業務は引き続き人間の領域であり続けるでしょう。また、細かなエラーなどが発生するので、人の目での確認が未だに必要とされています。

4. カウンセラー

AIを活用したチャットボットによるカウンセリングサービスが登場しています。単純な悩み相談や、初期対応などはAIによって代替される可能性があります。

ただし、深刻なメンタルヘルスの問題、人間関係の相談など高度な専門性が求められる分野では、人間のカウンセラーの存在価値は揺るぎません。人に相談したい、人じゃないと信頼できないという需要もあるので完全にAIにとってかわられるのは先と言えるでしょう。

5. 動画編集者

動画編集の分野でも、AIの活用が進んでいます。素材の選択や、カット割りの提案などAIによる自動化が可能になりつつあります。

また、動画そのものをAIで作る技術開発も進んでおり、動画編集そのものの意味もなくなるかもしれません。今後は、動画の企画やマーケティングができる人材が生き残っていくでしょう。

6. コンサルタント

コンサルティング業務の一部は、AIによって代替される可能性があります。AIの性能も上がってきており、アドバイスなどの質も高まってきたことが理由です。

しかし、クライアントとの信頼関係の構築や、戦略立案など高度な判断力を持つ人材はAIでは代替できないでしょう。今後、コンサルタントとして生き残るにはより高いスキルが求められます。

7. データ入力

データ入力は、AIによる自動化が最も進んでいる分野の1つです。OCRや音声認識技術の発達により、手作業でのデータ入力は不要になりつつあります。

入力データのチェックや例外処理などもAIでできるようになってきており、人間の手を離れ行くことが予想されます。「データ入力しかできない」といったスキルセットしかない人材は、今後淘汰されるでしょう。

8. コールセンター職員

AIを活用した自動応答システムの導入が、多くの企業で進んでいます。定型的な問い合わせや、簡単な手続きなどは、AIによって代替可能になりつつあります。

簡単な電話代行程度であれば、AIでカバーすることが可能です。しかし、複雑な問題の解決や、クレーム対応など高度なコミュニケーション能力が求められる業務は、人間の職員が担い続けるでしょう。

9. 翻訳士

AIによる機械翻訳の精度は、飛躍的に向上しています。ビジネス文書やマニュアルなどの定型的な翻訳は、AIによって代替される可能性が高いでしょう。

ただし、文学作品や言葉の微妙なニュアンスを汲み取る必要がある翻訳は、人間の翻訳士がまだまだ必要です。今後、生き残る翻訳士はスキルが極端に高い人のみとなるでしょう。

10. デザイナー

Canvaなど、AIを活用したデザイン支援ツールが登場しています。アイデア出しやレイアウトの提案など、デザイン業務の一部はAIによって代替される可能性があります。

しかし、独創性が求められる高度なデザインは、人間の感性やクリエイティビティに頼らざるを得ません。簡易的なデザインのみであればAIで間に合うため、本格的なデザインに対する知見がより求められるようになるでしょう。

AIで無くならない仕事5選

AIで無くならない仕事は、以下の5つです。

  1. 介護
  2. 営業
  3. 建築士
  4. 保育士
  5. データサイエンティスト

なぜ無くならないのか、理由を解説します。

1. 介護

介護の仕事は人間の共感、臨機応変な判断が不可欠です。AIやロボットが介護現場の一部の作業を効率化することはできますが利用者に寄り添い、心のこもったケアを提供するのは人間にしかできません。

介護はトラブルが起きることも多いので、人間の方がスムーズに対応できるのもメリットです。今後、高齢化社会が進むにつれて、介護のニーズはさらに高まると予想されます。

2. 営業

営業職は顧客との信頼関係の構築や、ニーズに合わせた柔軟な提案が求められる仕事です。AIは単純な事務作業や情報収集を担えますが、人間ならではのコミュニケーション能力、関係構築力、問題解決力はありません。

また、AIは信頼できないと感じている人も多いので、営業職の代行は難しいことが推測されます。特に専門知識を活かしたコンサルティング営業は、AIでは代替が難しい分野と言えるでしょう。

3. 建築士

建築士の仕事はクライアントとの密なコミュニケーションや、創造性が求められる職業です。AIは設計の効率化や構造解析などの支援ツールとして活用できますが、最終的な判断は人間が決めなければなりません。

細かいデザイン作成が、まだAIには難しいのもポイントとして挙げられます。今後効率化のためにも、建築士はAIを上手に活用しながら専門性を発揮していくことが求められるでしょう。

4. 保育士

保育士は子どもの成長を見守り、一人ひとりに寄り添う仕事です。AIやロボットの技術が発展しても、子どもの微妙な変化に気づき、適切に対応するには人間の感性や対応力が欠かせません。

また、保育士との関わりを通して、子どもは社会性や人間関係の基礎を学びます。保育士は、今後もAIでは代替できない重要な役割を担い続けるでしょう。

5. データサイエンティスト

データサイエンティストは、AIを活用してデータ分析や予測を行う専門家です。AIの性能が向上するほど、AIを使いこなすデータサイエンティストの需要は高まります。

また、ビッグデータから価値ある情報を引き出し、ビジネスに活かすには高度な分析スキルと専門知識が必要不可欠です。データサイエンティストは、AIの発展とともに、社会においてますます重要な役割を担うでしょう。

AIで生まれる仕事3選

AIで生まれる仕事として、以下の3つを厳選して紹介します。

  1. AIコンサルタント
  2. AIプロンプトエンジニア
  3. AIエンターテイナー

それぞれの仕事がどのようなものなのか、理解を深めていきましょう。

1. AIコンサルタント

AIコンサルタントは企業のAI導入を支援し、ビジネスの効率化や生産性向上に貢献する専門家です。AIの特性を理解し、業務に適したAIシステムの選定や導入計画の立案、運用サポートなどを行います。

実際にAI支援を行う企業やフリーランスは増えており、職業としての認知も進んでいるのが現状です。今後さらなるAIの発展が進むにつれて、AIコンサルタントの需要は高まると予想されます。

2. AIプロンプトエンジニア

AIプロンプトエンジニアはAIに適切な指示(プロンプト)を与えることで、目的に沿った結果を引き出す専門家です。AIの性能を最大限に活用するには、質の高いプロンプトが不可欠なので、社会的にも需要が高まっています。

AIプロンプトエンジニアはAIの能力を引き出し、ビジネスや創作活動に活かすための重要な役割を担うのが主な役割です。今後生成AIの発達が進むにつれて、職業として確立されていくでしょう。

3. AIエンターテイナー

AIエンターテイナーはAIを活用して音楽、アート、動画などのエンターテインメントコンテンツを制作する職業です。AIによる自動生成技術を駆使し、人間の創造性と組み合わせることで、新しい表現の可能性を切り開きます。

テクノロジーとクリエイティビティを扱える人材の需要は高まっているので、これからの時代に求められる職業といえるでしょう。

AIに仕事を奪われないための3つの対策

AIに仕事を奪われないための対策として、以下が大切です。

  1. 日々スキルを磨く
  2. AIを使いこなせるようになる
  3. 自分だけのスキルを身につける

少しでも危機感を抱いているのであれば、意識して対策しましょう。

1. 日々スキルを磨く

AIに仕事を奪われないために常に自己研鑽に励み、スキルを磨き続けることが重要です。資格の取得や日々の仕事に対して熱心に取り組むと、スキルを磨けます。

また、教材やセミナーなどにも積極的に参加することでスキルの向上が可能です。普段から積極的に学んで、AIに負けない力を身につけましょう。

2. AIを使いこなせるようになる

AIに仕事を奪われないためには、AIを活用する側に回ることが大切です。AIの仕組みや活用方法、プロンプトの作成方法を理解し、AIを使いこなせるスキルを身につけましょう。

AIを導入する企業では、AIの運用や管理を担当する人材が求められています。AIに関する知識を深め、AIと協業できる体制を整えることでAIに負けない強みを得られるでしょう。

3. 自分だけのスキルを身につける

AIに代替されにくいスキルを身につけることも、仕事を奪われないための重要な対策です。創造性、マネジメント力、コミュニケーション力など、AIでは真似できない独自のスキルを磨きましょう。

自分にしかできない強みを持つことで、AIに負けない価値を提供できます。また、AIでは対応が難しい分野や業務に特化することで、AIに奪われない仕事を見つけられるでしょう。

Brain公式メディア読者限定特典
Brain代表 迫佑樹無料LINEマガジンへの登録で、豪華特典をプレゼント
  • 有料講演会で話した内容を限定公開

    →経済的自立を果たす10のステップ

    →時給10円から年商10億円に至る道のり

    →最短で0→1を立ち上げる起業術

    →お金持ちになる5つのルール

    (合計2時間28分49秒)

  • すぐに実行できる即金マニュアル (PDF24ページ)
  • 有益なコラムが完全無料で閲覧し放題
公式LINEに登録して、今すぐゲットしてみてください!